業者の説明のわかりやすさを確認

複数の業者から説明を聞いてみよう

マイホームは一生に1度かもしれない大きな買い物ですよね。ですから業者選びはとても重要で、選定には慎重を期したいものです。選定方法にはいくつかのポイントがありますが、まずはモデルハウス等で自分自身の希望に合った工法やデザインのハウスメーカーを探すことから始めましょう。

工法には木造軸組工法やプレハブ工法、重量鉄骨造など様々な種類がありますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。また外観や室内のデザイン性は各社の特徴が大きく表れる部分でしょう。それらの特色をよく検討して希望の業者を数社に絞った後、実際に担当者と面会して具体的な説明を聞いてみましょう。各メーカーでは無料の相談会等を実施していることもあるので利用しても良いですね。
その際大切なのは最初から1社に決めてしまわないということです。複数のハウスメーカーをピックアップしその説明を比べてみることで、より自分自身の判断基準を定めやすくなります。

また担当者の話し方や説明内容から信頼性をチェックしておくことも大切なことです。特に中小のハウスメーカーの場合は会社の経営方針や信頼度を確認することが重要で、それらは業者のホームページを閲覧したり口コミなどをチェックする以外に、担当者の説明内容からもある程度判断することができるでしょう。

担当者の対応が業者の信頼性を表す

ハウスメーカーが住宅建築に関して何を重視しているかは担当者の接客態度からも垣間見えるものです。「とにかく契約重視、効率重視」という業者であれば、そもそも契約できそうもない顧客に時間をかけて説明しないでしょう。「契約する気もないくせに細かいことをいちいち気にする客は面倒だ」というような態度が見え隠れするようであれば、その業者は顧客の満足度よりも売り上げを重視している可能性が高いですね。

また、聞いてもいないのに自社の優れた点だけを繰り返し話す、わかりにくい専門用語を繰り返し使って一方的な説明をするなどの態度も問題です。こちらの疑問点に丁寧に対応し理解しやすい説明をしてもらえなければ信頼性は保てませんね。家という一生ものの買い物をするにはふさわしくない業者だといえるでしょう。一方、こちらの意思決定が整うまで契約を迫らない、いつもわかりやすく丁寧な対応をしてくれる、そんな担当者であれば、その業者が顧客満足度の高いハウスメーカーである可能性は高いです。

もちろん担当者個人の対応だけで全てを把握できるわけではありません。ハウスメーカーの企業ブランドやデザイン、性能などは重要な選定ポイントになります。しかし、担当者を通してその業者の企業風土が透けて見えることも大いにありえます。「何かが違う」と不安に感じたらその時点で立ち止まって考えてみることも、注文住宅の業者選びにはとても大切なことだといえます。

新築一戸建てとは新築の状態の戸建てのことをいいます。間取りや壁紙などを選びオーダーをして建てられたものや、すでに建てられた状態で売り出されているものなどがあります。