疑問点があったときの対応方法

不安なことは、何度も聞いて確認するのが賢い方法

自分の思い描く通りの家に、住むことが出来たらどんなに幸せでしょうか。そんな夢を叶えるのが「注文住宅」です。注文住宅とは、構造や間取り、内装や設備などを自分の希望どおりにすることができます。一般的には、家の設計から工事まですべてを、工務店やハウスメーカーなどの会社に依頼することが多いです。設計と工事を、別々の会社にする方法もあります。 そこで重要なことは、信頼できる建築業者を選ぶことです。注文住宅は、建売住宅や規格住宅と異なり、綿密な打ち合わせが必要です。こちらの意図がきちんと伝わらないと、イメージと違うものが出来上がってしまいます。トラブルを避けるためにも、複数のハウスメーカーから、話を聞いてみましょう。メーカーによって、「木造が得意」「内装が得意」「洋風建築が出来る」など強みや個性が違います。自分の希望がどの程度通るのか、比較してみましょう。また明確な見積もりを出せるか、も判断のポイントです。 アフターサービスについても、確認しておきましょう。新築住宅には「瑕疵担保責任」が、法的に義務付けられています。これは、10年以内に住宅に重大な欠陥があった場合、住宅を建てた会社が無償で修理をするということです。保障や定期点検があるか、トラブルが起きたとき相談窓口があるかなど、チェックしておきましょう。疑問点に対して、聞いたとき、きちんと答えてくれる業者を選びましょう。

わからないことは、専門家に聞いてみる

住宅情報を集めることも、大事ですよね。しかし「注文住宅を建てたいけど、何から始めればいい?」「土地から探さないといけない」など、自分たちだけでは、解決できそうにない悩みがありますよね。そんな時は、住宅相談センターを利用する方法があります。住宅相談センターとは、専門のアドバイザーが、悩みに答えてくれるサービスのことです。工務店やハウスメーカーの選び方から、住宅診断や見積書・契約書類の確認など、様々なサポートを受けることができます。困りごとがあるとき、相談してみてはいかがでしょうか?

「思っていたのと違う」注文住宅で一番多い失敗は、予想と違うが起きることです。例えば「リビングのドアと収納扉がぶつかる」「キッチンに電子レンジを置くスペースがなかった」「風呂の排水の音がうるさく、調べたら配管計画が悪かった」など。失敗しないためには、家族の優先順位を整理して打ち合せをすることです。また、専門家でもある工務店やハウスメーカーに、アドバイスを求めましょう。さらに、納得のいかないことや、不安など疑問点は、何度でも聞いてみましょう。住宅を建てるときに、疑問が出てくるのは当然のことです。後悔しないためには、疑問点は納得するまで確認することです。

建売住宅を引渡し前に行う最終チェックの時に不具合が見つかった時には、すぐに施工会社やハウスメーカーに伝えて補修してもらうことが大切です。